<< 南淡路の原風景 唐松の家 ダントータイル >>

唐松の家 ダントータイルと民平焼

全景の写真だと何とも思わないのだが、一枚一枚アップにするとデザインの良さが伝わってくる。普段見過ごしていることなど観点を変えて紹介する。
物事の紹介とはこう言うものだと実感。
美術品でなくタイルと言う生活の一部、こんなことが文化だと思う。

賛 淡路島文化

e0042581_7572119.jpge0042581_7574616.jpg

江戸後期に淡路で賀集珉平が始めた珉平焼は花器や茶器などに広く名声を博した。
その珉平焼を継承したのが今日のダントータイルである。

この写真のタイルは創業初期に生産されたタイルで、凹凸のある模様、感嘆するような鮮やかな色使い、まるで美術品のようなタイルです。

e0042581_759757.jpge0042581_75931100.jpg



下写真は、玄関へのアプローチ
マサ土とセメントとまぜたソイルアプローチに埋設

e0042581_803879.jpg
e0042581_804936.jpg

by zawawam | 2005-09-30 08:08 | 唐松の家
<< 南淡路の原風景 唐松の家 ダントータイル >>