<< 小さな改造 アクセス解析と木製建具 >>

ベカコ(無双窓)

私が住んでいるところは線香の町である。
現代の線香はタブの樹皮粉などを使った香料入線香であるが、江戸・明治期の線香原料は杉葉の粉が主であった。
しかし淡路島は杉と縁遠いところである。
何故、ここが線香の町であるかと言うと、
瀬戸内海と言う海上交通の便の良さと良港に恵まれたこと、また瀬戸内海型の乾燥に適した気候風土によるものとも言われている
その線香工場では1階で素麺状に押し出した製品を2階の干し場で乾燥させていた。
そのなごりが写真のように、地元での名称であるベカコ(無双窓)で自然の風を調整して乾燥させていたものだ。
このベカコは先日ブログで載せた無双窓みたいな綺麗な納まりではなく、すごく簡単な荒い納まりである。
しかし、20年ほど前にアルミ製で作った時はかなり頭をひねった覚えが微かに残っている。

そんな風物詩であるベカコと線香の香る町並みであったが、現在は密閉した機械乾燥場での製造と言う線香の町になっている。

生活が大事、ノスタルジーは要らないと言う現代である。

e0042581_7491241.jpg
木製ベカコ

e0042581_7495569.jpg
20年ほど前に作った
アルミ製ベカコ
by zawawam | 2005-10-31 07:54 | 木製建具
<< 小さな改造 アクセス解析と木製建具 >>