<< 床暖房 断熱と床暖房 >>

うどん

e0042581_1114564.jpg

最近、趣味でうどんを打っている。
2~3日に一度のペースで打っている。
昼休みに水回し捏ね、熟成して夜に打っている。
少ない数量だから合計30分ほどで簡単だ。
レシピの通リやっていると、まあまあの美味さになる。
同じ条件でしているのに、時たまビックリするような美味しさになることもある。
粉、加水率、ボーメ値などを変えたり、たまに添加物などを練りこんだりして色々やっている。
これだけの煩雑さでやっていると微妙なところがだんだん判ってくる。
うどんの美味しさは粉で決まるような感じがする。
そして、湯がき方。
食べログの日本で一番美味しい大阪の楽々。
ここは圧力釜で湯がいている。
確かに美味しかったので、真似をして圧力釜で湯がいてみると、モチモチ感で麺が一変する。

先日、さぬきの夢2000の粉が届いたので、2種類の粉で同時に湯がいて食べ比べた。
釜揚げとザルうどんで シンプルに食べ比べるとと良く判る。
この粉は本当に美味しい。
ただ、さぬきの夢2000は打ちにくいので、一般の店はASWなどと混ぜて打っている。
さぬきの夢100%は美味しいが、作りやすさを考えて配合比率の模索をしている。

一寸自信が出来てきたので、知り合いに配り出した。
表紙に絵を描いて、湯がき方を書いて。粉の種類などなども書いて。
こんなデザインも面白い。
迷惑かな・・・・・・・
by zawawam | 2012-02-04 11:20 | ざわわ日記
<< 床暖房 断熱と床暖房 >>