<< 淡路十三仏 海福寺 平凡な1日 >>

東山寺

昨日は日曜日。
ブログのネタにと思って当社から北へ車で山中へ。
細い山道なので、対向車に出会わないようにとしばし祈りながらの山登り。
師走だと言うのにまだまだ紅葉の山景色が残っている。
ここは淡路の名刹と言われる東山寺。
そして、山門は淡路で最古の建造物と言われている。
ここの石畳の鮮やかな落葉の葉を踏みしめるのがなんか気後れする雰囲気になっていたので、迂回して参拝した。
e0042581_7595240.jpg

e0042581_801156.jpg

また、ここの十二神将像は京都石清水八幡宮護国寺から移されたもので平安時代の作といわれ、国の重要文化財に指定されている。
以前、一宮町ふるさとセンター工事の施工で地元の特徴あるものを建物に埋め込めとの設計指示があって、ここの十二神将像を瓦に彫ってもらって柱に埋め込んだ。
この写真がその一部である。
設計事務所は簡単に1行の文字を書き込むだけであるが、施工者はその1行の文字の為に右往左往したと言う12-3年前のお話でした。
e0042581_803840.jpge0042581_805688.jpg
by zawawam | 2005-12-05 08:03 | 淡路散策
<< 淡路十三仏 海福寺 平凡な1日 >>