2007年 06月 27日 ( 1 )

業界情勢

当社は土木の比率は皆無でしかも民間工事ばかりになってきたが、
昨日土木業者の方に聞くとすさまじい事になっているらしい。
今、入札形態が大きく変わってきている。
土木では二千万円以上は一般競争入札になってしまった。
指名が無くなったので1物件について入札業者が40社近くに膨れ上がっているそうだ。
当然、落札率も今までは予算の90%以上だったのが70%近くまで下がって仕事を取るらしい。
約3割も減ると本社経費は当然、現場経費も出ないらしい。
それでも工事が取れないとの嘆き節とため息。

淡路のメイン産業は土建業であった。
鳴門大橋、明石大橋、縦貫道路と国家プロジェクトが並び、離島のため港湾の土木工事、地震の復興事業、これで終わりかと思ったら23号台風の災害復旧特需とまさに一大産業。
狭い島経済、そんなことが廻り回って島内の景気をも引っ張ってきた。
今、東京一極集中経済、まだまだ地方の人口は20%減少すると新聞記事を見ると、
これからどうなるのかと思案する。
by zawawam | 2007-06-27 13:50 | ざわわ日記