2008年 07月 15日 ( 1 )

コピー文

本屋をぶらぶらしていて、
手に取ったのが鈴木康之著の「名作コピーに学ぶ読ませる文書の書き方」
今までにチラシを15-6枚ほど作ったことあるからコピー文に興味津々。
コピー文は広告だから単純明快に訴えてくるからから面白い。
色々の名作が載っていたがこの2点がとくに印象的だ。

この文はパッと目に飛び込んできて、
読んでみたくなって、
なおかつ余韻が残ってくる。
酒飲みを代弁する心境の文。
e0042581_16515039.jpg

この著者は「人と同じことを思い、人と違うことを考えよ」と書いています。
そのいい例がこの広告。
女性と男性を対比して、
皆が思っていることであり、共感してしまう。
そんな切り口の文書が面白い。
e0042581_1652860.jpg
by zawawam | 2008-07-15 16:44 | ざわわ日記