2010年 09月 19日 ( 2 )

書写山円教寺2

続き
講習会の場所は解体修理中の開山堂。
主な目的は屋根替えである。
e0042581_14304761.jpg屋根が軽くなっているので柱脚も根継をしている。
文化財だから継箇所は複雑な継ぎ手だろうと想像していたが、
写真を見ると柱中央を十字に一寸ほど凹凸にして、あまりにも簡単すぎて吃驚。
鉛直加重だけしか掛からないからと言う。


e0042581_14382321.jpgそして屋根は土を載せず本葺きの丸瓦の所だけ漆喰をまぜた土で留めている。
現代風で現況復旧で無いように思うが、聞いてみるとこの方法も昔からあるらしい。


e0042581_14315662.jpg内陣の須御檀が床に仮置きされている。
周囲の床まで上げると厨子の屋根が天井に当たるように思うので聞いてみると、
この高さが元の高さであると言う。
天台宗では須御檀は土間に据えて廻りの床は高くてそこに階段で降りるらしい。
内部の床がどこでも水平であると思っていたのが、初めて知って常識が覆る。


e0042581_14335710.jpgそして講習会の課題で部分的にスケッチをするが、
暗くてよく判らないので写真を撮って後で描いてみた。
by zawawam | 2010-09-19 14:39 | ざわわ日記

書写山円教寺

e0042581_13161044.jpg昨日は書写山で6回目のヘリテージの講習会。
満員のロープウェイを降りて参道を歩くと、
TVのニュースでよく見る田んぼの絵が現れた。
場所は良く判らなかったのだが、ここなんだとサプライズでチョッと得をした感じになる。


e0042581_1317243.jpg一度は行ってみようと思っていたが、なかなか訪れる機会の無かった円教寺。
舞台があるので摩尼殿はよく写真で見るが、
常行堂と2階建の食堂は珍しく面白い。

e0042581_13241590.jpg
磨かれた床板が気持ち良い。
食堂2階内部から外を撮る。
新しい写真機を買ったから練習に。
by zawawam | 2010-09-19 13:28 | ざわわ日記