カテゴリ:木製建具( 29 )

ツインカーボ格子

ある人に教えられて時々使う建具。
ツインカーボの中に木の桟を入れて格子戸にしている。
横格子が好きだけど埃が溜まって大変と思われる方に。
e0042581_16966.jpg


それをヒントに格子パネルを作った。
ポリカネボード+格子+ガラス+半透明の飛散防止フイルム
でも高くつく。
e0042581_1692275.jpg

by zawawam | 2007-11-12 08:33 | 木製建具

同じ人が考えるから、同じような雰囲気になってしまう。
e0042581_98514.jpg
e0042581_99696.jpg

by zawawam | 2007-11-09 09:19 | 木製建具

吊戸壁

e0042581_916771.jpg
当初は和室側で両引込戸を考えていたが、どうも和室がスッキリしない。
そこで吹抜側を建具にすることにした。
ハンガーレールで吊って1間角の建具である。
開けている状態では誰も建具と気づかず壁だと思っている。
そして、この濃い茶色の襖紙が空間を引き締めてくれる。
余談 右のコンクリート壁は構造体でありません。
梁財と縁切れしています。
by zawawam | 2007-11-08 08:16 | 木製建具

3枚引戸2

3枚引込戸の収納方法。
柱の外に鴨居をつけて押入の中まで通す。
普通は引戸用小扉を付けるのであるが、押入用片開き戸にする。
そして上壁の漆喰と色あわせしてペンキ塗りとする。
そうすると扉が壁の連続性になってゴチャゴチャ感が消えてスッキリする。
初めて来る人に、この戸を引出してみると意外性に面白がってくれる。
e0042581_8364958.jpg

下写真 右扉の納まりに注目してください。
e0042581_837282.jpg

by zawawam | 2007-11-07 08:35 | 木製建具

3枚引戸

e0042581_97526.jpg

3枚の引戸を左側に収納できるようにしている。
完全に仕舞い込むことで部屋の大きさが自由に調整できる。
by zawawam | 2007-11-06 08:07 | 木製建具

格子雨戸

縦格子をどうしても付けたかった。
でも部屋の中から見ると鬱陶しさが避けられない。
そこでステンのフラットバーを上下のレールにして両引の格子戸にした。
このアイデアは姫路のアイ建築さんの建物を見てパクったものである。
もちろん使用時に了解はもらっている。
昼間は中が見えにくく プライバシー確保に丁度良い。
開放的な気分になりたい時は両方に引いておける。
でも納まりも難しく手間の掛かる仕事になる。
e0042581_12272564.jpg

by zawawam | 2007-11-05 08:27 | 木製建具

門扉

10年前に作った旧家の門扉。
普通だったらアルミで作ってしまうのだろうが、
あくまで木製建具で作る。
煤竹を入れようと思ったが、すぐ傷むと言われて栗材に変更。
e0042581_102827.jpg

by zawawam | 2007-11-04 10:36 | 木製建具

ハンガー雨戸

サッシュと1mほど離してハンガーレールで木製雨戸を吊り込んで来る。
メリットは手軽に閉められることと、夜照明を点けると広縁の雰囲気が出る。
夏の暑い日は日除け代わりに簡単に圧迫感も無く締めておける。
デッキ隙間の下から通風を確保できる。
高い開口でも台風などには十分耐えられる。
欠点は風でガタガタと音がすることだが、風の強い日はゴムの楔を下に入れることで解消できる。
一度成功すると同じ手法をよく使うようになる。
e0042581_146641.jpg

by zawawam | 2007-11-02 08:05 | 木製建具

寺院建具2

舞良戸
敷居をどうするか悩むところであった。
レールを敷いて敷居で水を切ると雨仕舞が上手くいくのだが、
レールだといかにも野暮ったいのと、風雨の時下から雨が舞い込んでくる恐れがある。
そこで少し深めの敷居溝とし、溝底に水抜き穴をつけている。
そうするとやはり上品に仕上がってくる。
現代は、安易にサッシュを使っているが、木造の寺院では馴染んでない。
この舞良戸の裏は襖紙貼、間に防水シートを挟んでいるがやはり少し染み出してくる。
だからアクリで作った雨戸を台風時に嵌め込むようにしている。
e0042581_9304326.jpg

e0042581_9311273.jpge0042581_9313126.jpg

玄関舞良戸
震災後、唐破風の大玄関を直した時に作ったもの。
2枚両引き分け舞良戸+ハメ殺し舞良戸+2枚両引き分け障子
e0042581_931568.jpg

by zawawam | 2007-10-27 09:29 | 木製建具

寺院建具

5,6年前の仕事。
本来なら間口から柱、垂木まで木割りで決めなくてはいけないのだろうが、
3間の間口なので中央の入口の寸法設定が大変だった。

震災前は2枚引違であったが、本堂なので2枚引違には出来ない。
4枚引違で考えると開口部分が十分に取れない。
大きく取ると横の蔀戸部分が狭くなって釣合が悪くなる。
建具1枚の有効寸法から間口を決めていった。
そして唐戸も枠見付寸法など感覚的にバランスを考えて割り付けていく。
e0042581_8265378.jpg

e0042581_8323945.jpge0042581_8334281.jpg

内、外陣の柱間隔も問題であった。
均等に割ってしまうと中央が狭く感じる。
同時に菱欄間の割付もなかなか上手く納まらない。
完成してしまうとなんとも思われないものであるが、小さな寸法で悩んだ物件である。
e0042581_827767.jpg

by zawawam | 2007-10-26 08:37 | 木製建具