カテゴリ:木製建具( 29 )

木製建具種々

漆和紙を貼ったハンガードア。
漆和紙がメタリックな感じなので上に小さな角の穴を空けることでよりメタリック感を強調させている。
e0042581_8104960.jpg

下の千鳥太鼓貼障子を入れてみるとバランス的に物足りなくなったので、上部照明に釣合の取れるデザインを考えてみた。
e0042581_811015.jpg

by zawawam | 2007-10-25 08:12 | 木製建具

ハンガー障子

ホームページをリニューアルするために
木製建具についてまとめている。

以前に作った建具。
モンドリアンの絵が好きだから、それに影響されて考えたデザイン。
太鼓貼でハンガー障子にしている。

左は以前、高知の伊野で買った和紙を使った掛け障子。
近くで見ると表面の凹凸の素材感が面白い。
e0042581_8462592.jpg

by zawawam | 2007-10-24 08:47 | 木製建具

格子戸

e0042581_7562962.jpg奥にある建物の地震改修が終わったので、通路にあたるこの車庫も格子戸を取付けてやっと仕上がった。
玄関通路兼用だから見栄え良いようにヒバの格子戸にした。
格子間隔や見込み、見付もかなり吟味した。
お施主さんもかなり喜んでいただいた。
やはり日本人には格子の美が似合っている。

いつもいつも当初プランから格上げして木製建具を作ってしまう。
建具の意匠プランもオリジナルなものがたくさん溜まってきたから、
ますます建具デザインを考えるのが楽しくなってくる。
将来、木製建具の行司工務店と言ってもらえたら嬉しいのだが。

e0042581_7574673.jpg

e0042581_7572581.jpg

   戸を閉め切ると フファ ~ ~ としたムードが漂ってくる。
e0042581_7573777.jpg

by zawawam | 2007-10-20 08:17 | 木製建具

障子のやり直し

1ヶ月ほど色々あったが、やっと落ち着いた。

以前に書いた障子もやっと完成した。
前の仕事はかなり悪かった。
今回ディテールを変えたからスッキリした良い仕事になっている。
職人さんにとってはやり直しは一番嫌なこと。
建具屋さんには気の毒だったが、満足のいく建具になった。
e0042581_13194315.jpg

e0042581_13195946.jpg

でもかなり難しい建具である。
by zawawam | 2007-10-19 11:19 | 木製建具

障子

e0042581_17495858.jpg

この障子はやはり綺麗だ。
少しの透明部分を入れるだけでこんなに透かし効果が出るとは思わなかった。

今日は建具屋さんと綺麗な仕事になるようにディテールを打合せた。
いったん作った物のやり直しは本当に嫌だが、ノウハウの修得だと思ってみる。
by zawawam | 2007-09-10 18:00 | 木製建具

障子が完成した。

こだわったデザインの障子が完成した。
金額の大きな家なので、こんなデザインでOKなのかどうか、と納まりが難しいのでかなり心配だった。
内部から見た意匠はかなり成功だ。
透かし効果とリズム感が出ている。
しかし廊下側から見るとなれないデザインなので好き嫌いが出そうである。
そしてディテールが難しいだけにやはり細かい仕事が悪くなっている。
作り直しか。

e0042581_16515589.jpg

e0042581_16521423.jpg

e0042581_16523592.jpg

e0042581_16524612.jpg

e0042581_16525914.jpg

by zawawam | 2007-09-07 16:55 | 木製建具

障子デザイン

障子のデザインを考えている。
1300の幅広の障子だ。
最初は4枚引き込みで大きな開口になるように考えていたが、却下されてしまった。
1300の寸法の大きな障子だからデザインが難しい。
一般的な摺上げ障子だと曲がって桟と桟が当たってしまう。
色々難しいから最後まで置いておくと何となくアイデアが浮んでくる。
いつものパターンになってしまった。
e0042581_92368.jpg

最終的に吹寄せ桟の所を千鳥に切抜いていく。
そこに透明ガラスかポリカを入れていく。
その処のディテール、千鳥だから難しいと思う。

建具屋さん、私の仕事の時はいつもいつも頭を抱えている。
e0042581_972860.jpg

by zawawam | 2007-07-11 09:07 | 木製建具

ベカコ(無双窓)

私が住んでいるところは線香の町である。
現代の線香はタブの樹皮粉などを使った香料入線香であるが、江戸・明治期の線香原料は杉葉の粉が主であった。
しかし淡路島は杉と縁遠いところである。
何故、ここが線香の町であるかと言うと、
瀬戸内海と言う海上交通の便の良さと良港に恵まれたこと、また瀬戸内海型の乾燥に適した気候風土によるものとも言われている
その線香工場では1階で素麺状に押し出した製品を2階の干し場で乾燥させていた。
そのなごりが写真のように、地元での名称であるベカコ(無双窓)で自然の風を調整して乾燥させていたものだ。
このベカコは先日ブログで載せた無双窓みたいな綺麗な納まりではなく、すごく簡単な荒い納まりである。
しかし、20年ほど前にアルミ製で作った時はかなり頭をひねった覚えが微かに残っている。

そんな風物詩であるベカコと線香の香る町並みであったが、現在は密閉した機械乾燥場での製造と言う線香の町になっている。

生活が大事、ノスタルジーは要らないと言う現代である。

e0042581_7491241.jpg
木製ベカコ

e0042581_7495569.jpg
20年ほど前に作った
アルミ製ベカコ
by zawawam | 2005-10-31 07:54 | 木製建具

アクセス解析と木製建具

ホームページを作って3年が経つ。
一度リニューアル更新しようと思いながら、そんなこと新たに勉強するエネルギーもだんだん無くなってくる思いがする。
お金を出せば、綺麗なHPになるのであろうが、決断もせずにズルズルと。

ところで、時々アクセス解析を見るが、当社の検索で多いのは木製建具についてである。
木製建具については他のHP調べても参考になるようなことの記載がかなり少ない。
そこらが建築屋さんのデザイン的なノウハウだから出し惜しみするのだと思う。

当社ホームページ1年間の検索事項の順位は
1行司工務店、2舞良戸、3行司、4無双窓、5木製建具、6蔀戸、7障子デザイン・・・・
など木製建具ばかりについて調べに来る。
先日も建具納まりについてのTELもあった。

e0042581_893765.jpg
舞良戸
襖引手の裏側

建築専門の方ばかりが見て頂いて、一般のお客さんとは「なんか・・・縁遠い」感じがいつもする。
情報発信をすればするだけ新しい情報も戻ってくると言うこと、期待して発信しているのですが「実も伴わなきゃ」とも思ってみたり・・・・。
 
e0042581_810474.jpg
無双窓
海福寺 本堂横の水屋
無節の無垢材の仕事をする
節が無い方がやはり綺麗だ。


by zawawam | 2005-10-28 08:14 | 木製建具