<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お香

お香を頂いた。伽羅・梅・白檀である。
早々焚いてみる。
e0042581_13152617.jpg

一番高価であると言う伽羅をまず焚いてみるが良く判らない。
次に梅を焚いてみると甘酸っぱい臭いが漂ってくる。
この梅だと良く判る。
次に白檀を焚いてみるがこれも良く判らない。
e0042581_13155419.jpg

煙を嗅ぐより、焚く前の方が臭いの分別がつくように思うのだが!
女の方は臭いに敏感であるが中年の男となると、トンと臭いが判らなくなる。

お香では白檀・沈香・伽羅と言う名称はよく聞かれると思うが、その中で伽羅は沈香の中でも最高の香木である。
信長・秀吉・家光が削り取ったことで有名な正倉院にある蘭著待と言う香木も伽羅の香木であると言われている。
そして、沈香と言う香木は金の数倍するとも言われ、時々無造作にお金の塊のように見える香木が置かれている所もある

そんな線香の産地である環境に住んでいるが、お香を焚いて香りの世界に浸る自分自身の姿は将来も想像出来ない。 無風流な人間である。
by zawawam | 2006-04-21 13:24 | ざわわ日記

浅野公園

桜前線南下中!
本来なら桜前線北上中と書くところであるが、なぜか今年は関東より遅れて今満開。

浅野公園。
淡路では万葉の時代より有名な桜の名所である。

早速、眼下に播磨灘を見下ろす山道を車で登ってみる。
小さい頃遠足で喘ぎながら登ったことを思い出しつつ、道沿いの山桜がいっそうの昂揚感を誘ってくる。
着いて見ると丁度良い桜の見ごろ。ほんとうに・・・・・・・・
芝生の斜面の曲線と桜の枝振りのバランスが心地良さを漂わせてくる。
万葉時代から続いてきた名所はやはり存続して来ただけの重さと価値が残っている。
ただ行政が作った遊戯施設や東屋が違和感を出している。

そしてめぐり合せが良かったと言うべきか、
昨日、今朝と雨が降っていた為に花見客があまり訪れていなかった。
桜満開・晴天・人影も無く、こんな写真はここでは撮れるもので無い。
だから、絶対に普段の行いが良いのだと自己満足してしまった。4/12撮
e0042581_9414998.jpg
e0042581_942541.jpg

e0042581_9423486.jpg
e0042581_942494.jpg


万葉の歌人で有名な柿本人麻呂も立ち寄った。
その歌碑(江戸時代に建立)も残っている。

潮騒の 波を恐み 淡路島 磯隠り居て 何時しかも この夜の明けむと 
さもらふに 眠の寝かてねば 滝の上の 浅野のきぎし 明けぬとし 
立ちさわくし いざ子ども あへて漕ぎ出でむ にはも静けし
by zawawam | 2006-04-14 08:02 | 淡路散策

ポスター

南部鉄器のポスターを考えてみた。
こんなデザインを考えるのが楽しい。
e0042581_11353156.jpg

by zawawam | 2006-04-10 11:23 | ざわわ日記

机配置換え

1階事務の模様替えをやってみた。
以前は田の字型で、来客から机の上が丸見えだったのがいつも気になってたので
配置替えをしてみた。
机をカウンター側に向けて前にパネルを立ててみる。
机の上の書類が見えないように調整して床から1mの高さで決めてしまう。
そうして坐ってみるとかなり落ちついた気分になる。
前のパネルと後ろの壁の存在が落着き感をもたらす。
そして来客からは顔だけ見える事務所形態である。
ほんのささいな寸法が気分をガラット変えてしまうこと、そんなことを少し実感する。

e0042581_10165218.jpg

by zawawam | 2006-04-03 10:18 | ざわわ日記