<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

団扇デザイン

団扇のデザインが決まった。
南岳先生の字で文字は空を並べている。
どう言う意味で空なのと聞かれても、
空は空、色々な意味で捉えて頂きたい。

試行錯誤してやっと決まった。
昨日も大きさを決めるのに5mmの違いで感じが大きく変わる。
これ、とりあえず紙を貼って見てみたら、かなり良い感じのデザインになっている。
社内の者もこれを見て感嘆の声、オーーー!

これをシルク印刷して当社に関係した人だけに配れるノベルティグッズ。
お金出しても、こんなの手に入らないよ。
e0042581_816813.jpg

by zawawam | 2007-07-19 08:17 | ざわわ日記

階段色々

e0042581_9152562.jpg箱階段
け上げと踏み面寸法が建築基準法に合わないので固定しないで動かせるようにしておく。

e0042581_9154497.jpg以前作った箱階段

e0042581_9135693.jpg押入の中の階段。
上手く考えている。

e0042581_9143772.jpg吉村順三設計の山荘の階段が6mm奥に傾斜をつけている。
急勾配の階段に、そのことを真似たら足裏が吸い付くように降りられる。

by zawawam | 2007-07-14 09:19 | ざわわ日記

小さな庭

どちらを向いても緑が一杯。
そんな環境に小さな小さな台形の庭を造った。
e0042581_18565648.jpg

「そんな所で何故囲うの?」と言われそうだが、
廻りから見られないことと、
小さく囲うことで落ち着きが出る。
e0042581_18571052.jpg

黒竹だけの小さな庭も良いものだ。
e0042581_18572539.jpg

by zawawam | 2007-07-12 18:58 | ざわわ日記

障子デザイン

障子のデザインを考えている。
1300の幅広の障子だ。
最初は4枚引き込みで大きな開口になるように考えていたが、却下されてしまった。
1300の寸法の大きな障子だからデザインが難しい。
一般的な摺上げ障子だと曲がって桟と桟が当たってしまう。
色々難しいから最後まで置いておくと何となくアイデアが浮んでくる。
いつものパターンになってしまった。
e0042581_92368.jpg

最終的に吹寄せ桟の所を千鳥に切抜いていく。
そこに透明ガラスかポリカを入れていく。
その処のディテール、千鳥だから難しいと思う。

建具屋さん、私の仕事の時はいつもいつも頭を抱えている。
e0042581_972860.jpg

by zawawam | 2007-07-11 09:07 | 木製建具

建築本


斉藤浩著のルイス・バラガンの本を買ってきた。
鮮やかな色彩を駆使するメキシコの建築家である。
この色彩感覚と壁のボリューム感になぜか共鳴してしまう。

この派手と思われるピンクの色、ブーゲンビリアの花の色でメキシコではよく使われる色彩である。
そしてその地域性からみたら違和感の無い馴染だ色でもある。
日本に例えれば、それは山吹色、朱色と日本伝統色のような色彩と同じ感覚なのだろう。
もし日本でこのピンク色を使われたら拒絶反応が起きるのだろう。

特にギラルディ邸ダイニング横にあるプール。
光の入れ方、や水からの反射や水中の色彩の変化など魔術的な感覚だ。
実際、実物を見たらどのように見えるのだろうと興味心身。
でも内部は意外と白を基調としたデザインになっていて、
このギラルディ邸でも色彩を使っているのは内部の空間全体の2-3%であると言う。

そして空間構成。
外部は鮮やかな色彩の壁と壁のぶつかり合い。
ともかく、壁に囲まれた敷地に入った時や、玄関扉を開けて一歩入った時の大きな空間構成が意表を突くし、
ゆったりして手摺の無い階段が緊張感をもたらすのが本から読み取れる。

画像小さいから著作権違反にならないよね。
バラガン邸
e0042581_11371924.jpg

サン・クリストバル
e0042581_11373114.jpg

e0042581_11482266.jpg

ギラルディ邸
プールの中に赤の壁が建つ。
e0042581_11374884.jpg

by zawawam | 2007-07-09 11:49 | ざわわ日記

好きな仕上材

タナクリームをよく使う。
ローラーで転がすと波形模様になる。
そして表面を触るとソフトな手触り感で皆さんが気に入ってくれる。
e0042581_1212840.jpg

月桃紙。
貼って見ると微妙に良い雰囲気になる。
口頭で説明するのは難しい。
でも、他の材料では出せない良い感じに確かになる。

栗材。
最近、床板に栗材をよく使うようになった。
節も無く綺麗。
これも説明し難いが良い感じとしか言えない。
しかし、一度自然塗料を塗ってタンニンが作用してシミが出たことがある。
それは一度だけだったが当たり外れがあるみたい。
by zawawam | 2007-07-06 12:02 | 自然素材

我家の田

天気も良いし、
何かをしようと言う気力も今日は無い。
昼休みに帰って我家の田を写す。
e0042581_14254598.jpg

by zawawam | 2007-07-05 14:30 | ざわわ日記

プラン3模型

Y君が家で模型を作ってきた。
外壁などは巾狭く切って板一枚一枚の質感が良く出ている。
また玄関の床も接着剤など練って洗出しの感じが出している。

e0042581_8432673.jpg

e0042581_8431566.jpg

by zawawam | 2007-07-04 08:48 | ざわわ日記

改修

阪神淡路の地震で沈下したり、傾いたりかなり痛んだ建物。
築45年ほどの建物の耐震改修。
中は束石建てで、重い本葺瓦を降ろしてジャッキアップする予算も無く、
ローコストの改修。

床など外していくとあれもこれもと直すところ山積み。
そのままいくとかなりの金額になるから、
耐震上、必要カ所のみに説明して我慢する。
e0042581_16225119.jpg

by zawawam | 2007-07-03 16:24 | ざわわ日記

プラン5-2

昨日、練り上げた少し自己満足のプランだ。
こだわりメインは2階の空中書斎
2階の床天より+900上がり、かなり落ち着く空間になると思う。

そして玄関、
靴クローゼットを通って家の人は上がり降りする。
客は和室の方へと動線を分けるプランだ。
玄関には何も置かない。
和室からは玄関は縁とタタキの土間代わりに見立てる。
窓は地窓にして1間の建具を開ききると、和室からの見え方が落着いて見えるだろう。

台所は勝手口と収納で使い勝手が良くなると思う。
これはまだラフプランだから今から考え抜いていく。
e0042581_1375545.jpg

by zawawam | 2007-07-02 13:15 | ざわわ日記