<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

三木市の家

この現場の真裏でも1日違いで他社の棟上がある。
比較されるような現場であるがこちらは十分自信がある。

そして、ここも基礎工事が終わり、ヘルスコ、キュアー塗布と墨だしに行って来た。
半乾きの状態で墨だしと塗布の手伝いをしたので手から服から黒くなってしまった。
液状炭だから健康には影響が無いが作業中はこげた臭いがする。
でも防蟻で人畜無害の製品だから人に自慢できる住宅になる。
e0042581_1754346.jpg

by zawawam | 2007-10-31 08:04 | 三木の家

日土小学校

建築おたくの友人に引っ張られて、
もう疲れ気味なのに
内子から八幡浜を回って細いひなびた道を走る。
谷あいに古びた校舎が現れる。
土曜日なので子供だけが野球をしている。
e0042581_13381290.jpg

この 日土小学校は保存存続運動で残った八幡浜市の小学校。
松村 正恒の設計で1956年完成の木造モダニズムと言われている。
綺麗な写真を見たい方は下記アドレスを!
http://www.wada-archi.com/hizuchi/photo.html
もう50年経つが、裏のデッキ部分などかなり斬新な設計です。
e0042581_13382214.jpg

e0042581_13383441.jpg

締まっているのでガラス越しにカメラ撮影。
e0042581_13385427.jpg

e0042581_1339527.jpg

by zawawam | 2007-10-30 08:37 | ざわわ日記

内子へ

内子へ行って来た。
駐車場から歩いていくとそんなに大した家も無く物足りなく思っていたら、
風格のある家が数軒現れてきた。
観光地化するに足る家である。
昔は和ロウソクでこんなに財が出来たらしい。
e0042581_13124750.jpg

e0042581_1313059.jpg

門から家の路地を見る。趣 十分。

e0042581_13131570.jpge0042581_13132943.jpgRの枠廻りがすっきりして目に止まる。
外部で菱欄間は珍しい。


e0042581_13135569.jpg


 内子座
e0042581_1314960.jpg

e0042581_13142364.jpg舞台の下は奈落というらしい。
奈落に落ちるはここから来ている?


e0042581_13283556.jpg途中で見つけたもの。
鉄骨螺旋階段を蔦で覆っていた。
面白い!

旧家の店舗で
美味しい蕎麦屋さんもあったよ。
by zawawam | 2007-10-29 08:06 | ざわわ日記

松山へ

e0042581_10505529.jpg

中村好文さん設計の伊丹十三記念館に行ってきた。
ア!あそこだ。橋の所に出るとパット目に飛び込んでくる。
黒の外壁でシックリして、圧迫感も微塵もない。
直方体で庇が出ているだけの単純な外観なのに凄く良い感じがする。
きっと比率のバランスが良いのだろう。
e0042581_10562459.jpg

駐車場につくとまず、車庫のところに足が進んでくる。
愛用の車を展示して見せ方ディテールがやはり上手い。
e0042581_114964.jpg

庇が細っりと見えて綺麗。
e0042581_1057424.jpg

内部中庭
e0042581_105823.jpg

こんな写真撮っていると、建築の方ですか。と言われてしまった。
e0042581_10585868.jpg

喫茶室から
e0042581_10484248.jpg

ポストカードを黒紙袋に入れてもらって。
by zawawam | 2007-10-28 11:07 | ざわわ日記

寺院建具2

舞良戸
敷居をどうするか悩むところであった。
レールを敷いて敷居で水を切ると雨仕舞が上手くいくのだが、
レールだといかにも野暮ったいのと、風雨の時下から雨が舞い込んでくる恐れがある。
そこで少し深めの敷居溝とし、溝底に水抜き穴をつけている。
そうするとやはり上品に仕上がってくる。
現代は、安易にサッシュを使っているが、木造の寺院では馴染んでない。
この舞良戸の裏は襖紙貼、間に防水シートを挟んでいるがやはり少し染み出してくる。
だからアクリで作った雨戸を台風時に嵌め込むようにしている。
e0042581_9304326.jpg

e0042581_9311273.jpge0042581_9313126.jpg

玄関舞良戸
震災後、唐破風の大玄関を直した時に作ったもの。
2枚両引き分け舞良戸+ハメ殺し舞良戸+2枚両引き分け障子
e0042581_931568.jpg

by zawawam | 2007-10-27 09:29 | 木製建具

寺院建具

5,6年前の仕事。
本来なら間口から柱、垂木まで木割りで決めなくてはいけないのだろうが、
3間の間口なので中央の入口の寸法設定が大変だった。

震災前は2枚引違であったが、本堂なので2枚引違には出来ない。
4枚引違で考えると開口部分が十分に取れない。
大きく取ると横の蔀戸部分が狭くなって釣合が悪くなる。
建具1枚の有効寸法から間口を決めていった。
そして唐戸も枠見付寸法など感覚的にバランスを考えて割り付けていく。
e0042581_8265378.jpg

e0042581_8323945.jpge0042581_8334281.jpg

内、外陣の柱間隔も問題であった。
均等に割ってしまうと中央が狭く感じる。
同時に菱欄間の割付もなかなか上手く納まらない。
完成してしまうとなんとも思われないものであるが、小さな寸法で悩んだ物件である。
e0042581_827767.jpg

by zawawam | 2007-10-26 08:37 | 木製建具

木製建具種々

漆和紙を貼ったハンガードア。
漆和紙がメタリックな感じなので上に小さな角の穴を空けることでよりメタリック感を強調させている。
e0042581_8104960.jpg

下の千鳥太鼓貼障子を入れてみるとバランス的に物足りなくなったので、上部照明に釣合の取れるデザインを考えてみた。
e0042581_811015.jpg

by zawawam | 2007-10-25 08:12 | 木製建具

ハンガー障子

ホームページをリニューアルするために
木製建具についてまとめている。

以前に作った建具。
モンドリアンの絵が好きだから、それに影響されて考えたデザイン。
太鼓貼でハンガー障子にしている。

左は以前、高知の伊野で買った和紙を使った掛け障子。
近くで見ると表面の凹凸の素材感が面白い。
e0042581_8462592.jpg

by zawawam | 2007-10-24 08:47 | 木製建具

大きな家

73坪ほどの大きな家。
大きすぎてまとめるのが難しかった。
そして玄関も必然的に大きく見えるように考えた。
玄関材料は桧とヒバ、破風は米杉、母屋コグチはアルミ板を貼ってスッキリと。
e0042581_8424510.jpg

e0042581_8425668.jpg

by zawawam | 2007-10-23 08:44 | 今迄の住宅設計

改修

地震被害改修。
予算上、屋根瓦はそのままの状態で改修。
瓦が乗った状態だから柱の傾きはどうしても治らない。
建具などの調整が難しいが、壁もなんとか補強して終了。
写真サッシュは、2枚引違を片引きにして転用。
鏡板をもう少し考えたら良かったかと、少し悔やむ。

e0042581_10164375.jpg

by zawawam | 2007-10-22 10:17 | ざわわ日記