<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

チラシ

先日作った建築士会用のチラシです。
e0042581_136438.jpg
by zawawam | 2010-06-30 13:08 | ざわわ日記

本堂

個人の家ならその人の了解だけ頂いたら色々なデザインが出来るのだが、
寄付を集めての建物の設計となると、批判されないように無難な寺院建築になってしまう。
そんなこと考えると、前回も言ったようにかなりの決断力がいる。

最初、友人設計のこの図面を見た時、良いのか悪いのかどうも良く判らなかった。
屋根の上の三角屋根が個人的にはどうも、と思ってしまったから。
でも今回完成してみると、その屋根部分もなるほどと思うように違和感無く納まっている。

そして一見シンプルなのだが、ここまで難しくしなくてもと思われるところをたくさん作っている。
30数年以上の経験と実績が無いと出来ない設計だと思う。

前回6/15の写真、階段をつけたので入れ替えました。

e0042581_1055031.jpg
屋根の納まり、かなりいい仕事をしている。
ちなみに、我社も同じ板金屋で仕事をして頂いている。
by zawawam | 2010-06-21 10:13 | ざわわ日記

チラシ造り2

昨日の3件の内、一件は先導的モデルの住まいです。
階段部分が大幅に変わっていることもあり、チラシに載せるのにスケッチを描き直しました。
ガラスをはめ込んだ格子柱 後に続いています。
e0042581_873498.jpg
by zawawam | 2010-06-16 08:13 | 先導的モデル住宅

チラシ造り

建築士会の研修担当に当たったため、今年は3件同時の見学会と庭園講座を企画した。
その一貫として見学会募集のための手配り用のチラシ造り。
昨日は建築会社勤務の友人H氏の本堂設計の物件を写真撮影してきた。

かなりのローコスト故に固定概念を離れての本堂が完成間近。
無名の設計者が変わった本堂を設計すると言うことはかなりのプレッシャーだと思う。

でも設計は確かに上手いと思うし、建築関係の人もたくさん見に来るが好評だ。

e0042581_10151729.jpg
写真での残工事
障子・畳

e0042581_8415948.jpg
by zawawam | 2010-06-15 08:47 | ざわわ日記

断熱の仕様

e0042581_13333536.jpg

写真の天井部分は気密シートを貼って、壁部分は通気シートのままである。
屋根は透湿抵抗が高い合板貼、壁は透湿抵抗の低いダイライトを使っている。
そして、セルローズファイバーなどの合計で室内側が室外側より透湿抵抗が高くなると湿気が外に流れていくという原理から決めている。

そしてこの内部壁側の通気シートが部屋の湿気を吸って湿度調整を大きくしてくれる。
他の断熱材は壁内への湿気の移動が出来るものは殆ど無いから(羊毛断熱以外)、丁度ビニールシートで囲まれて生活している状態と同じになる。

人の生活はこんな湿度調整をしてくれる素材に囲まれると快適になる。
by zawawam | 2010-06-14 13:39 | 先導的モデル住宅

お色直し

e0042581_17435432.jpg

部分的なお色直しです。
木の部分はサンダーで削り、H鋼部分はペンキを塗る。
最初にこの紫色を塗った時は、派手派手、慌てて塗りなおして渋い紫にする。
イメージは古代日本色の紫色、紫は家庭では使わないから微妙な色合いが難しい。
少しでもずれると派手派手色になって、家族から喧々ごうごう。
今回も元の色の渋い紫に塗る。

そして、アルミとチークで出来た椅子買いました。
インターネットで調べに調べて、買いました。
椅子は坐るとよく判ります。
結果的には良い椅子にあたりました。
by zawawam | 2010-06-12 17:47 | ざわわ日記

一坪里山の植栽

e0042581_12533178.jpg
当初の漠然とした図面。

e0042581_1254650.jpg
ここに地域固有種の
ハマボウ
フジバカマ
ハマカンゾウ
ハマニガナ
ハマベノギクの植栽計画です。


e0042581_12542174.jpg
そしてリブ付鋼管60*60を格子柱と床デッキに使用し、
斜面と栗石で変化を付ける。
この鋼管、塗装をどうしようと思案中。
床は溶鉛そのままで、格子柱を色付けするかどうか。
by zawawam | 2010-06-11 13:13 | 先導的モデル住宅

難しい納まり

e0042581_1855786.jpg

写真の左端は階段側にガラス押さえをつけてガラスを取り付ける。
真中2枚は4方溝を掘っていてガラス押さえが無い。
下に押縁を付けると簡単だがそう言う野暮ったいことはしたくない。
こんなこと考えて納まりを考えるのが面白い。
どのようにするか考えてください。
e0042581_1884814.jpg

次に写真右端部分は片開きの戸の当たりである。
片開戸に掴み金物やレバーハンドルをつけると
壁の中に納まるように部分的引込みを付けなければならない。
でもそんなことは絶対にしたくないし、掘込み取っ手も付けたくない。
この部分の納まり3ヶ月ほど考えていたがまとまらない。
いよいよ切羽詰ってから、夜中にフッとある納まりがひらめいた。

一石二鳥の機能があり、ドアも開きやすく考えた。
結構スッキリとした自慢の出来る納まりになった。
これは見学会の時に注意して見て下さい。
by zawawam | 2010-06-10 18:10 | 先導的モデル住宅