<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

熊野古道

R425号はどこかご存知ですか。
十津川から尾鷲までの悪路。本当に悪路。
途中白谷トンネルを抜けたところに この景色。
向うの山は大峰山か大台ケ原か?
地図を見るとこのあたりは奈良と三重の県境だが
南側に和歌山県の飛地がある。 など・・・講釈を聞きながら。
e0042581_15533146.jpg

世界遺産熊野本宮館と尾鷲の熊野古道センターを見に行くためだけに疲れきる。

世界遺産熊野本宮館
e0042581_15544749.jpge0042581_7535622.jpg


e0042581_15554988.jpg
尾鷲の熊野古道センター


本来の目的は
建築写真は上手いよと何時も自負していると、
友人設計施工の住宅の竣工写真を頼まれた。
なんとかまあまあの写真も撮れました。
by zawawam | 2010-09-27 16:04 | ざわわ日記

書写山円教寺3

解体修理の屋根ステージで、最初何の選別をやっているのか判らなかったが
どうもノシ瓦の反りの選別作業をしている。
瓦に書いている数字が11~18とかなり大きな反りの寸法が書き込まれている。
曲がったものは適材適所に使うと言う事だが、
最近は反っているノシ瓦などあまり見たことが無いのでよく状況が判らない。
焼く瓦の窯も、伝統的な窯なのだろうか。
by zawawam | 2010-09-21 11:59 | ざわわ日記

淡路・沼島庭園見学

建築士会淡路支部で庭園見学開催します。
会員以外の方でも是非ご参加下さい。
申込みはinfo@gyouji.co.jpでも受付します。

e0042581_1010301.jpg
by zawawam | 2010-09-20 10:13 | ざわわ日記

書写山円教寺2

続き
講習会の場所は解体修理中の開山堂。
主な目的は屋根替えである。
e0042581_14304761.jpg屋根が軽くなっているので柱脚も根継をしている。
文化財だから継箇所は複雑な継ぎ手だろうと想像していたが、
写真を見ると柱中央を十字に一寸ほど凹凸にして、あまりにも簡単すぎて吃驚。
鉛直加重だけしか掛からないからと言う。


e0042581_14382321.jpgそして屋根は土を載せず本葺きの丸瓦の所だけ漆喰をまぜた土で留めている。
現代風で現況復旧で無いように思うが、聞いてみるとこの方法も昔からあるらしい。


e0042581_14315662.jpg内陣の須御檀が床に仮置きされている。
周囲の床まで上げると厨子の屋根が天井に当たるように思うので聞いてみると、
この高さが元の高さであると言う。
天台宗では須御檀は土間に据えて廻りの床は高くてそこに階段で降りるらしい。
内部の床がどこでも水平であると思っていたのが、初めて知って常識が覆る。


e0042581_14335710.jpgそして講習会の課題で部分的にスケッチをするが、
暗くてよく判らないので写真を撮って後で描いてみた。
by zawawam | 2010-09-19 14:39 | ざわわ日記

書写山円教寺

e0042581_13161044.jpg昨日は書写山で6回目のヘリテージの講習会。
満員のロープウェイを降りて参道を歩くと、
TVのニュースでよく見る田んぼの絵が現れた。
場所は良く判らなかったのだが、ここなんだとサプライズでチョッと得をした感じになる。


e0042581_1317243.jpg一度は行ってみようと思っていたが、なかなか訪れる機会の無かった円教寺。
舞台があるので摩尼殿はよく写真で見るが、
常行堂と2階建の食堂は珍しく面白い。

e0042581_13241590.jpg
磨かれた床板が気持ち良い。
食堂2階内部から外を撮る。
新しい写真機を買ったから練習に。
by zawawam | 2010-09-19 13:28 | ざわわ日記

食べる

先日、ご招待された。
場所は福良。家からかなり遠い。
今までこの店は知らなかったのだが、阿吽と一度聞いたら忘れないような店名だ。
そこは鯛素麺で有名と言う。
鯛を唐揚げにして素麺のダシと一緒に出てくる。
食べてみると、かなり美味いので食べることに専念してお酒が止まってしまった。
e0042581_153848100.jpg

そして最後に、鯛、蛸、イカ、穴子の4種類の釜飯も出てきた。
これもなかなかの味である。
by zawawam | 2010-09-13 15:41 | ざわわ日記