本掲載

17日発売のデザイン住宅 (別冊・住まいの設計) に三木の家を掲載して頂いた。
本が届いて印刷されたページを見るとワクワクするものだ。

でもカメラマンと設計した私の意図とアングルが少々違うところがある。
設計した者の目線と第三者とは違うものがある。
私も大きな自己満足で見えてないところが多いのかも知れない。
それでも嬉しいから本を何回も眺めている。

本掲載_e0042581_14362150.jpg
本掲載_e0042581_1434367.jpg
# by zawawam | 2009-04-19 14:43 | ざわわ日記

北陸旅行

春うらら、1000円高速に便乗して北陸に行ってきた。
金沢は桜満開。人・人・・車・車・・・
やっと駐車場に停めて21世紀美術館へ。
まずはメインのプールにすぐ行く、やはり見ると面白い。
あとはうろうろ、現代美術を理解しようと努力するが判らないから早歩きになる。
でも光庭は空が天井のような雰囲気で面白い空間だ。ここに座り込む。
北陸旅行_e0042581_1343553.jpg北陸旅行_e0042581_13462834.jpg


そこから箔座まで疲れた疲れたとお互いにブツブツ言いながらテク・テク・・・。

店舗に入ると手頃な値段の面白い金の小物が売られている。
さすがに金の商品だから店舗のインテリアなど垢抜けている。
ここの金の蔵、凝っていないけどシンプルで金箔が似合っている。
内壁の仕上げが櫛目だから照明に映えて綺麗。インテリアデザインが上手い。
北陸旅行_e0042581_1347855.jpg北陸旅行_e0042581_13473822.jpg

ここの本店の茶室。成金趣味で合わない。
北陸旅行_e0042581_1348365.jpg

一寸ここも寄って来た。行き先は写真で判断して下さい。
設計は住宅雑誌によく載る家具会社です。
こんな雰囲気いい感じ。ここでお茶にする。
北陸旅行_e0042581_14132794.jpg北陸旅行_e0042581_14133976.jpg

お蕎麦を食べに次のところへ。
気分一新旅行でした。

北陸旅行_e0042581_1357573.jpg
# by zawawam | 2009-04-13 14:13 | ざわわ日記

タイル張りの家

68坪の家追い込みです。
外部は総タイル貼で内部は張物無しの無垢材ばかり。
床柱、床板、地袋板など高いものばかりだけど、
やはり見ると良いものは良い!タイル張りの家_e0042581_1034558.jpg
# by zawawam | 2009-03-05 10:40 | ざわわ日記

雑誌取材

昨日はなんとか撮影が出来る空模様だった。
施工だけで雑誌に載るのは嬉しくもなんとも無いが、
設計・施工で載せていただけるのはやはり嬉しい。

撮影に合わせて生活道具をあちこと移動、描き回してしまったが、
お施主さんも気持ちよく応じて頂き、また喜んで取材に答えていただけた。
感謝・・・・

以前の撮影は露出を測ったり構図の設定で時間が長かったが、
デジタル写真機になると撮影時間が早すぎて物足りなく感じてしまう。
でも「新しい住まいの設計」のライターさん、
     相槌も上手いし聞き上手、やはりプロだ。

雑誌取材_e0042581_8241663.jpg

菜の花など添えての
        セッティング
# by zawawam | 2009-02-24 08:29 | ざわわ日記

明日は「三木の家」を雑誌取材して頂くことになっている。
あいにくの雨模様の天気予報・・・・イライラ・・・
撮影に合わせて見学会に展示した南岳先生の額をまたお借りした。
先生の書は当社の木の家に良く似合うから、いつも無理を言っている。
額など掛けると家の雰囲気がガラリと変わる。

額_e0042581_1114537.jpg
# by zawawam | 2009-02-22 11:21 | ざわわ日記

階段

これは意表を突いて面白い。
左に曲がってすぐ右に降りていく。
階段_e0042581_14455092.jpg

こういう設計しようと思っても、私には絶対出来ないだろうな。
と感心してしまう。
神戸北野のオシャレな建物だから階段も考え抜いたのだろう。
# by zawawam | 2009-02-10 14:51 | ざわわ日記

賀正

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

昨日、友人に誘われて年越し蕎麦を打ってきた。
初めての蕎麦打ち体験。

場所は近くの高田屋嘉兵衛公園の体験棟で打ってきた。
初めてでも、隣のおばちゃんに負けるもんかと力が入りすぎて疲れ果ててしまった。。
そして見比べるとやや負けてしまっている感じだ。

でも、ゆがくと蕎麦らしくなっている。
食してみると、細く切れた部分は打ちたて、湯がき立てだから美味しい。
でも太く切った部分はやはりまずい。

今年はかってない不況に突入しそうだが、蕎麦打ちのように悪い中でも良い部分が残るように
ように頑張るしかない。

賀正_e0042581_1155254.jpg
# by zawawam | 2009-01-01 11:56 | ざわわ日記

仕事納め

更新をしていないのにアクセス解析を見るとこのブログの訪問者は減っていない。
期待をして頂いていると思うと申し訳ありませんでした。
1ヶ月以上書き込みを怠ってきたら、益々書くのが億劫になってきた。
意思表示できるこだわり物件が無いことが書く意欲を喪失させている。
これからはブログが重荷にならないように適度に書き込みます。

そして昨日は、仕事納めの改修現場を見に行ってきた。
仕事納め_e0042581_9411896.jpg
# by zawawam | 2008-12-27 09:41 | ざわわ日記

秋の京都2

秋の京都2_e0042581_16134810.jpg

国際会館駅から1.5kmほど東にあって、あまり有名でない蓮華寺は静かな佇まいだ。
紅葉にはまだまだだが、しっとり感がある。

土間を上がってすぐ玄関のような所に阿弥陀三尊が祭られその奥に池に面した書院がある。
本堂は別棟だが、客が主でなんとなく仏さんが従のような配置だ。
秋の京都2_e0042581_16193976.jpg秋の京都2_e0042581_1619547.jpg

その書院の壁際に赤い毛氈。
そこに坐って眺めていると、部屋の陰影が庭の緑を際立たせ、
しかも隅に建具も壁も無いから開放感で気持いい.

ここの庭は池泉鑑賞式庭園でその池が水の字形を表している。
そして水量の豊富な湧水があるから水が綺麗で清々しい。

秋の京都2_e0042581_1617759.jpg秋の京都2_e0042581_16172593.jpg

# by zawawam | 2008-11-06 16:24 | ざわわ日記

秋の京都

秋の京都_e0042581_10263528.jpg

京都の藪内家を見学させていただいた。
普通では見せて頂けない格式の有る茶道の家元です。
内部は写真不可のため門を道路から撮影する。
内部に入ると延々と続いてきた歴史が庭の石まで宿っているのだと思うと見方も違ってくる。
こちらは吉田織部と姻戚関係だったので譲り受けた茶室や織部燈籠の本歌もある。
見学だけだと思っていたのにお茶も頂いて、隣の人に懐紙をもらって大慌て。
石や庭の専門の方は凄い凄いと感心していたが、そこまで私は深く判らない。
もっと茶室や露地など基礎的勉強とお茶の習い事しておかなくては、見る価値が無いと実感。
# by zawawam | 2008-11-03 10:31 | ざわわ日記