完成見学会

 完成見学会見所一杯の楽しい家ですよ 

e0042581_17503142.jpg


e0042581_17504399.jpg
# by zawawam | 2010-07-25 17:31 | 先導的モデル住宅

カネボー図面

昨日は建築士会員5-6人で昔のカネボー洲本工場図面をデーターとして保存するため2回目の撮影日。
朝から丸一日の作業、。
膨大な図面だから何時終わるのか。

青焼図面を見ていると烏口ペンの細い線で良く描かれている。
CAD図面を見慣れているから余計に味を感じる。

15m木造トラスの柱無しの大きなスパンなどなど。面白い図面も多々有る。

下図は浴場の図面
e0042581_8475142.jpg
# by zawawam | 2010-07-23 08:48 | ざわわ日記

窓と点景

お施主さんのお父さんが彫った牛
家の中を闊歩する牛の写真をと思っていたが、台座が付いていたので窓の前に鎮座。
e0042581_7565922.jpg


e0042581_7571748.jpg
ふわーっと浮ぶイメージで床の間感覚。



e0042581_7573071.jpg
猪も持ってきて頂いた。
# by zawawam | 2010-07-19 08:11 | 先導的モデル住宅

夕日

e0042581_18142333.jpg


それは 小さな小さな夢でした。
長いこと長いこと 心の隅に眠っていた。
言葉にすると急に動きだし、
大きな大きな夢になりました。

一つ一つの思いを吟味しながらの家造り。

風通しが良く、
お気に入りの景色が良く見えて、
友達いっぱい呼んだり
楽しくなったり、
気持ち良くなったり
年月と共に愛着が深まっていく家。

やっと、たくさんの思いが形になりました。
 

e0042581_1815784.jpg稚拙な詩作ってみました。

完成した部屋から
小豆島に沈む夕日を見る
# by zawawam | 2010-07-18 18:19 | 先導的モデル住宅

完成写真

e0042581_916781.jpg
e0042581_9162122.jpg

昨日は完成写真撮り。
雨続きで外構はまだまだと言ったところだが、カメラを構えて撮れる状態になったらすぐ撮影する。
当初のイメージから言ったら何故か上手く撮れる場所が無い。
階段部分は力の入ったところだが写真に撮ると上手くいかない。

普通は写真の方が綺麗くて、現物の方が悪いのだが、今回は写真のほうが悪く写る建物だ。

そして今週から現場見学会が始まる。
7/21は神戸の大学生の見学。
7/24建築士会の見学
7/31、8/1は一般見学会です。
見に来て下さい。
# by zawawam | 2010-07-18 09:31 | 先導的モデル住宅

坪庭造り

e0042581_1812949.jpg

隣の敷地は踏み込めないような雑木の敷地。

e0042581_1862640.jpg
上手く見えないかと思って溶鉛鋼管を格子の塀にする。
内部は坪庭です。
工事途中だが格子の透かし効果で何となく緑の映える庭に見えるような感じがする。
# by zawawam | 2010-07-09 18:07 | 先導的モデル住宅

高野山2

e0042581_117241.jpg
福智院
お寺でもこんなに斬新なデザインがあるのだ。

e0042581_1171499.jpg
福智院
何故、石で固めらたのだろう。
重森先生の作品に批評的になるのはおこがましいが、一寸抵抗が。
寒さが過酷な土地柄だから強くする、云々との説明を受ける。


e0042581_1172593.jpg
福智院
リズミカルに廻っていると言う印象


e0042581_1173548.jpg
光台院
水があると綺麗なのだろう。


e0042581_1175091.jpg
光台院
築山が高野山の連山を模して
こんな庭が好きだ。

e0042581_118299.jpg
本覚院
廻廊から高さを意識して作られている。
廊下から見ると、庭の中にいる感じを出しているらしい。

e0042581_118212.jpg
西禅院
庭石がポコポコ群立して、苔の緑が繋いでいる。
よく判らない。

e0042581_1183157.jpg
正智院
見上げれば険しい岩山。
上の方まで綺麗に剪定されているから、縦に広がった庭という感じ。
それに負けないように庭石が力強く、作庭されている。


e0042581_1184068.jpg
正智院
どのように剪定したのか、山の上の方の栂の高い木も先端まで丸く刈り込まれている。
登録文化財に指定されている。
手入れも良くされて、どのお寺も苔が綺麗。
# by zawawam | 2010-07-06 08:15 | 庭園

高野山

e0042581_93921.jpg
林泉協会は重森三冷先生が創立された会である。
昨日はその重森先生の作品が高野山でたくさん見せて頂けるので参加してきた。
斬新な福智院の庭園から始まって、光台院、本覚院、西禅院、正智院の5ヶ寺です。

まずは福智院門前の天燈鬼が迎えてくれる。



皆さん感動物だそうだが、私はまだ庭園の造詣について浅いので違った所に目が向いている。そんな観点からの写真です。
e0042581_941687.jpg
福智院 
ロビーから見た緑が強烈に鮮やかだ。
庭の見せ方、窓を通しての景色の切取り方など建築を示唆してくれる。

e0042581_8451975.jpg
本覚院
廻廊からの目線の高さ、方向性など変化を楽しむ。
手を伸ばせば苔・苔・・・

e0042581_945871.jpg
光台院 
高野の山並みに見立てた築山
それを背に石が力強く。
# by zawawam | 2010-07-05 09:05 | 庭園

チラシ

先日作った建築士会用のチラシです。
e0042581_136438.jpg
# by zawawam | 2010-06-30 13:08 | ざわわ日記

本堂

個人の家ならその人の了解だけ頂いたら色々なデザインが出来るのだが、
寄付を集めての建物の設計となると、批判されないように無難な寺院建築になってしまう。
そんなこと考えると、前回も言ったようにかなりの決断力がいる。

最初、友人設計のこの図面を見た時、良いのか悪いのかどうも良く判らなかった。
屋根の上の三角屋根が個人的にはどうも、と思ってしまったから。
でも今回完成してみると、その屋根部分もなるほどと思うように違和感無く納まっている。

そして一見シンプルなのだが、ここまで難しくしなくてもと思われるところをたくさん作っている。
30数年以上の経験と実績が無いと出来ない設計だと思う。

前回6/15の写真、階段をつけたので入れ替えました。

e0042581_1055031.jpg
屋根の納まり、かなりいい仕事をしている。
ちなみに、我社も同じ板金屋で仕事をして頂いている。
# by zawawam | 2010-06-21 10:13 | ざわわ日記

チラシ造り2

昨日の3件の内、一件は先導的モデルの住まいです。
階段部分が大幅に変わっていることもあり、チラシに載せるのにスケッチを描き直しました。
ガラスをはめ込んだ格子柱 後に続いています。
e0042581_873498.jpg
# by zawawam | 2010-06-16 08:13 | 先導的モデル住宅

チラシ造り

建築士会の研修担当に当たったため、今年は3件同時の見学会と庭園講座を企画した。
その一貫として見学会募集のための手配り用のチラシ造り。
昨日は建築会社勤務の友人H氏の本堂設計の物件を写真撮影してきた。

かなりのローコスト故に固定概念を離れての本堂が完成間近。
無名の設計者が変わった本堂を設計すると言うことはかなりのプレッシャーだと思う。

でも設計は確かに上手いと思うし、建築関係の人もたくさん見に来るが好評だ。

e0042581_10151729.jpg
写真での残工事
障子・畳

e0042581_8415948.jpg
# by zawawam | 2010-06-15 08:47 | ざわわ日記

断熱の仕様

e0042581_13333536.jpg

写真の天井部分は気密シートを貼って、壁部分は通気シートのままである。
屋根は透湿抵抗が高い合板貼、壁は透湿抵抗の低いダイライトを使っている。
そして、セルローズファイバーなどの合計で室内側が室外側より透湿抵抗が高くなると湿気が外に流れていくという原理から決めている。

そしてこの内部壁側の通気シートが部屋の湿気を吸って湿度調整を大きくしてくれる。
他の断熱材は壁内への湿気の移動が出来るものは殆ど無いから(羊毛断熱以外)、丁度ビニールシートで囲まれて生活している状態と同じになる。

人の生活はこんな湿度調整をしてくれる素材に囲まれると快適になる。
# by zawawam | 2010-06-14 13:39 | 先導的モデル住宅

お色直し

e0042581_17435432.jpg

部分的なお色直しです。
木の部分はサンダーで削り、H鋼部分はペンキを塗る。
最初にこの紫色を塗った時は、派手派手、慌てて塗りなおして渋い紫にする。
イメージは古代日本色の紫色、紫は家庭では使わないから微妙な色合いが難しい。
少しでもずれると派手派手色になって、家族から喧々ごうごう。
今回も元の色の渋い紫に塗る。

そして、アルミとチークで出来た椅子買いました。
インターネットで調べに調べて、買いました。
椅子は坐るとよく判ります。
結果的には良い椅子にあたりました。
# by zawawam | 2010-06-12 17:47 | ざわわ日記

一坪里山の植栽

e0042581_12533178.jpg
当初の漠然とした図面。

e0042581_1254650.jpg
ここに地域固有種の
ハマボウ
フジバカマ
ハマカンゾウ
ハマニガナ
ハマベノギクの植栽計画です。


e0042581_12542174.jpg
そしてリブ付鋼管60*60を格子柱と床デッキに使用し、
斜面と栗石で変化を付ける。
この鋼管、塗装をどうしようと思案中。
床は溶鉛そのままで、格子柱を色付けするかどうか。
# by zawawam | 2010-06-11 13:13 | 先導的モデル住宅

難しい納まり

e0042581_1855786.jpg

写真の左端は階段側にガラス押さえをつけてガラスを取り付ける。
真中2枚は4方溝を掘っていてガラス押さえが無い。
下に押縁を付けると簡単だがそう言う野暮ったいことはしたくない。
こんなこと考えて納まりを考えるのが面白い。
どのようにするか考えてください。
e0042581_1884814.jpg

次に写真右端部分は片開きの戸の当たりである。
片開戸に掴み金物やレバーハンドルをつけると
壁の中に納まるように部分的引込みを付けなければならない。
でもそんなことは絶対にしたくないし、掘込み取っ手も付けたくない。
この部分の納まり3ヶ月ほど考えていたがまとまらない。
いよいよ切羽詰ってから、夜中にフッとある納まりがひらめいた。

一石二鳥の機能があり、ドアも開きやすく考えた。
結構スッキリとした自慢の出来る納まりになった。
これは見学会の時に注意して見て下さい。
# by zawawam | 2010-06-10 18:10 | 先導的モデル住宅

色の検討

真中の手摺壁の色を濃紺かこげ茶のどちらかをと思ってスケッチを描いてみた。
紺色のマーカーが無いのでどうもイメージが出てこない。

無難なところはこげ茶色。
でも玄関を入ってこの色でハッとして、すぐ見せ所である階段に目を向けてもらいたい。
階段は木目のハッキリした岡山産地松の踏板・蹴込板を使っている。

そして階段を上がっていくと正面に30㎜杉板の質感ある壁があり、右に曲がるとガラスを入れた杉柱の縦格子がリズム感を出してくれる。
さらに上がりきると吹抜き空間のLDK。
そこは開放的な窓越しに緑が目に飛び込んで、ぐるっと見回すと眼下に瀬戸内海の景色が広がっていく。

こんなイメージの建物に沿う色決めです。

左のトイレは2階床から2段下がっています。
あえて段差を付けることで、居間食堂から距離感がでる。
e0042581_11343915.jpge0042581_11345547.jpg

# by zawawam | 2010-05-30 11:41 | 先導的モデル住宅

古民家見学

昨日は、大阪に古民家を見に行ってきた。
最初は堺の山口家。
江戸初期に建築された建物。
土間の小屋組みの空間が圧巻だ。
でもこの大空間なのに玄関入口の狭さが不釣合い。
e0042581_1024855.jpge0042581_103741.jpg

一緒に同行したヘリテージのEさんの詳しい説明に頭の中はすぐ満杯状態だ。
とにかく大工さんであるこの人の伝統木造建築の知識は凄い。
その建物の説明してくれていた方も立場逆転でEさんの説明に一生懸命メモを取って、質問して聞き入っている。

次は泉南の田尻歴史館、紡績の事業で成した谷口房蔵の大正11年建造の別邸。
e0042581_1034459.jpge0042581_1044798.jpg

木造とレンガ積を併用したような構造で屋根裏はトラス梁。
チーク材の造作とステンドグラスの組合せも良い感じ。
ディテールが良い。
e0042581_105239.jpg
e0042581_1084612.jpg

下は階段踊り場のトイレ凝っている。
2階和室はとにかく気持ちが良い空間。
e0042581_1091351.jpge0042581_1093722.jpg
# by zawawam | 2010-05-17 10:13 | ざわわ日記

構造見学

構造見学会終わりました。
ありがとうございました。
なお、随時工事途中見学可能ですのでご連絡下さい。
工事現況は調湿性能がある高断熱のセルローズファイバーを材吹き込んだところです。
e0042581_837587.jpg
# by zawawam | 2010-05-17 08:37 | 先導的モデル住宅

泥棒

今朝早く一本の電話があった。、警察からだ。
ガラスが破られ警報ベルが鳴っているので会社に来てとのこと。

e0042581_92848.jpg
上手くガラスを割ってクレセントを外している。
被害はガラス一枚だけ。


事務所では感知式の非常ベルが大音響で鳴っている。
中に入ったものの、音に吃驚して何もしないで逃げて帰ったみたい。
以前よく泥棒に入られていたが警報装置を付けてから入らなくなって、久しぶりの泥棒さんだ。
# by zawawam | 2010-05-13 09:05 | ざわわ日記

先導的モデル構造見学会

e0042581_1383729.jpg
 

構造見学会を開きます。
日時 5月15日(土曜日)午前10時~午後5時
場所 五色町内
    予約お願い致します。
長期有料住宅先導的モデル仕様
    劣化対策           等級3
    耐震等級           等級2  許容応力計算しています。
    維持管理対策        等級3
    省エネルギー対策等級  等級4
    高齢者配慮等級      等級2
    一坪里山          (地域固有種・在来種の保全)
    CASBEE  Sランク
    住宅省エネラベル適合
    50年保全計画書


e0042581_13161328.jpg
サッシュを取り付けたところです。

e0042581_13165313.jpg
野地板も通気層を取って2重です。
下のルーフィングは通湿シートで水は通しませんが湿気を通します。
この上にもう一度ルーフィングを貼ります。
# by zawawam | 2010-05-12 13:22 | 先導的モデル住宅

見学会のお知らせ

 楽しくて気持ちの良い家造り 


構造見学会を開きます。
日時 5月15日(土曜日)午前10時~午後5時
場所 五色町内
    予約お願い致します。

 長期有料住宅先導的モデル仕様
    劣化対策           等級3
    耐震等級           等級2  許容応力計算しています。
    維持管理対策        等級3
    省エネルギー対策等級  等級4
    高齢者配慮等級      等級2
    一坪里山          (地域固有種・在来種の保全)
    CASBEE  Sランク
    住宅省エネラベル適合
    50年保全計画書  
# by zawawam | 2010-05-06 11:10 | 先導的モデル住宅

携帯

XPERIAを買って1ヶ月が過ぎた。
かなり使いこなしが出来てきた。本当に便利だ。
まず、写真のようにBluetooth機能、ハンズフリーで話せることが快適だ。
でも人前では変な人に見られるので本体を出してそれに向かってしゃべっている。
googleのマップも携帯ならではの機能、ナビ、検索、長押しをするとそこの番地まで出てくる。
このマップまだまだ進化しそう。
Evernoteでは簡単録音、カメラ、メモとサーバーに送るから帰るとパソコンですぐ見れる。
インターネット検索から会社のメールなどとあらゆることが出来そうで、 もう他の携帯は考えられなくなってしまった。

短所・・・充電が1日ほどと短いことと IPODで買った音楽が移せない。
     本体通話の時、雑音をよく拾う。
e0042581_17494954.jpg
右Bluetooth機
# by zawawam | 2010-05-03 17:53 | ざわわ日記

山笑う

山笑う という季語があります。
芽吹きの季節を現しています。
こんな言葉を知ると日本語って良いな・・・と思います。
e0042581_16165127.jpg
今日は天気予報に反して気持ちの良い快晴です。
工事現場の近くではもみじの美しいところがあり、
新緑がとても清々しい気持ちにさせてくれます。

e0042581_16171654.jpg
事務所に帰ると、イザナギ神宮のお祭り
船檀尻のお上り途中です。
祭りを見ると また心も高揚していきます。
# by zawawam | 2010-04-21 16:23 | ざわわ日記

先導的モデル2

前後になりましたが、基礎状況。
コンクリート強度はFC=30N
ベタ基礎と立上りは一体打設が必須です。
その下には 高い高い金額の防湿防蟻処理シート(アリダンシート)を敷いています。

e0042581_1735343.jpg

e0042581_1735174.jpg
# by zawawam | 2010-04-19 17:40 | 先導的モデル住宅

長期優良住宅モデルの住宅

長期優良住宅モデル事業の住宅の棟上です。
補助金200万円頂けます。
断熱や耐震等級など他色々、性能が高い分やはり手間が掛かります。

とりあえず上棟状況を、e0042581_16524183.jpg
外周土台は機密性を、
内部側は基礎パッキンで空気を動かす。


e0042581_16525948.jpg

e0042581_16531656.jpg
# by zawawam | 2010-04-18 16:54 | 先導的モデル住宅

お気に入り

この文鎮。
もう30数年前に京都の清水坂で買った文鎮。
面白くて、良いデザインそして廉価であったので衝動買いだ。
年数が経ってくると余計に愛着心がわいてくる。
e0042581_10145666.jpg



e0042581_10152088.jpgそして先日、大阪のある画廊で沢山の絵の中で見つけ出した版画。
建築屋さん向きの絵、額の方が高い感じ。
普通は作者の履歴など付いてくるのだがこれには付いてこなかった。
でも壁に飾ってみると、良く引立っている。
自分自身を満足させてくれる値打ちの有る版画である。
# by zawawam | 2010-04-13 10:16 | ざわわ日記

イザナギ神宮 放生庵

落成式と地鎮祭が重なってしまった。
そして週末は棟上と別の工事の解体などと忙しく重なる。

本日完成したのは写真のような小さいけど珠玉の東屋だ。
雨が降っているので緑もしっとり感があり、建物を通して景色の抜けが風情をかもし出す。

e0042581_1214451.jpg


e0042581_13552367.jpgこの大工さん境内の木を使って机も作ってくれた。
最初材料を見て、あまり期待をしていなかったけど想像以上の出来上がりに吃驚。



景観?
伝統的な建物は防火地域など法律で建てられないところが多い。
そして構造上日本中金物でがんじがらめの建物ばかり。
これからの現代日本では、建物があると風景画にならない所ばかりになりそうだ。
そんなこと考えると、この東屋は清涼感のある爽やかな建物だ。
# by zawawam | 2010-04-12 13:57 | ざわわ日記

塀を作り直してとの依頼が来た。

1間+1間の矩手のかわいい塀だ。
下地をブロック積かコンクリートでどうですかと勧めても前のと同じものと言われた。
柱を立てて竹で小舞を組んで土を付けて、そこそこの大きさだと妥当な金額で出来るのだが、
小さすぎて手間代が掛かりそうだ。
すなわち、職種が多いが数時間の仕事に何回も通わなくてはならないということだ。
材料代は大した金額でないが手間代を数えながらの感覚的な見積もりになる。

e0042581_824244.jpge0042581_8243882.jpg
# by zawawam | 2010-04-09 08:28 | ざわわ日記

休憩所

今回の休憩所、新聖瓦を使っている。
スッキリとした良い感じの瓦ですが葺くのに手間が掛かり過ぎ。
軒の一文字の所も同面合わせで逃げが無い、一枚一枚すり合わせて葺いていく。
水切りはチタン、継ぎ手も瓦に合わせていく。

e0042581_14252418.jpg  

最初はこんな形状、
下のようにサンダーで削っていく。

e0042581_1428810.jpg

# by zawawam | 2010-04-04 14:44 | ざわわ日記